読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一生で最後の恋

ひとりごと

滝沢歌舞伎2017が楽しかった話をする

f:id:m9g8m2g1:20170421004459j:image

 

どーーん!わーーい!

先日、滝沢歌舞伎2017に行ってまいりました!めちゃくちゃ楽しかった!楽しかった自慢をしたいので楽しかった話をします!

  

その① 三宅健さんが完璧すぎる

去年、わたしは運良く骨折する前の三宅さんが立つ舞台を見ることができました。ただそれも、複数入った中で1回きり。4剣士も、完璧なMaybeも浮世艶姿桜もMASKも1回だけです。怪我をしている中、舞台に立ち続けているだけでも凄いことであると思ったのと同時に、やはり少し寂しい気持ちもありました。だって4剣士めちゃくちゃにかっこいいんですもん!!三宅さんの鋭い美しい目線にやられ、タニムと一緒にわたしまで切られ刺された気分。4剣士だけで定価払えるのにあれを見れない人がいたなんてすごくすごく勿体無い。わたしももっと見たかった。

そういうこともあり、今年は去年以上に期待大きくスタートしましたが、さすが滝沢カンパニー。わたし自身もその期待を絶対裏切らない人達であることを分かっているので、過剰に期待しても落胆しないであろうという謎の高揚感に満たされているのです。うん、自担マジックであり歌舞伎マジック!これは一種の魔法だと思います。

何より去年は、どうしても双眼鏡を向ける視線が足元に向いてしまいがちでした。歩く度にドキドキして、踊る度にハラハラして。相手はもういい大人でプロ中のプロなのに(笑)。でももう今年は演者に担がれて舞台から捌けることも、少し足を引きずりながら歩くことももうないと思うとホッとするし心底嬉しく思うのです。そして同時に、去年出演していたJr.みんなの優しい顔が頭に浮かんで胸がいっぱいになるのでした。

  

その② 視線泥棒がとにかく多い

所謂DDが大好物なやつ、視線泥棒。

佐久間大介くんのターンと回転技が神がかっていて、思わず三宅さんを見ていた視線を逸らして息を飲んだ蒼き日々。静止の境目がわかりずらく、しなやかでなめらかなあの動きに圧倒。ダイナミックって形容するのがぴったり当てはまる。鼠小僧で阿部亮平くん演じる菊三さんは、今年はなべしょがいない分台詞も多くてキャラが去年以上に際立って可愛い!阿部ちゃんの可愛さと菊三さんの可愛さで相乗効果ハンパない!すごく可愛い!菊三さんと婚姻関係になりたい!

 

その③ 龍太くんがかっこいい!
今回楽しみにしていた室龍太くんの出演!

わたしの野望は三宅さんを松竹座に連れ込み向井康二くんとFunky8がV6の曲を踊るところを見てもらうことなので、楽しみにしてた最大の要因はやっぱり三宅さんとの共演なんです。三宅さんと関ジュを繋ぐ架け橋になってもらいたい。一応関西担を名乗ったことはないはずなので何とも言えない立場であるのはわかっていますが書きたいから書かせてくれ!

「面白さは求めてない」って滝様が言っている手前、まさにその言葉通りの龍太くんはただただ圧巻。それは本当にさすがだと思います。

ジャニフワで関ジュ5人がコントをやる際に言っていた作戦、「先ず龍太くんを笑わせて、その笑ってる龍太くんを見てお客さんに笑ってもらう」。その作戦にまんまとハマっていたわたしは今も現在進行形で龍太くんの笑い声を聞くと条件反射で笑うようになってしまったんですが(元々沸点は低い)、新橋の舞台には『笑っているのに笑えない龍太くんの姿』が確かにありました。看守長より怖い。殺気に溢れて、精神の機能が正常に動いていない人の笑い方(さすがに言い過ぎ)で素直に怖かった。
ただ、担当ではない立場として見てみれば「龍太くんが怖い、かっこいい」という以外あまりインパクトに残らない感じはあったのかなあ。 比べる対象が滝沢歌舞伎の中で場数を踏みまくっているSnow Manと林翔太くんなので当然と言えば当然なのかもしれません。でも、関西ジャニーズJr.という肩書きを背負っている以上、決定的な何かが欲しかった気はします。わたしが関西というイメージに捉われ過ぎていて、形式にこだわりすぎな面もあるかもしれないけど。

 

その④ 今年もLOVEで終われるのが最&高

もうありがとうございます、ありがとうございますと滝様に平伏すしかありません。

舞台ならではのずっしりとした空気の中で終わるカテコがやっぱり舞台らしいとは思うんですが、舞台の隅から隅までキラッキラでハッピーが敷き詰められた終わり方も最高。2幕が義経から鼠小僧に変わったこともきっと大きいし、その鼠小僧でお腹抱えて大笑いして、LOVEを見て聞いて「あぁ楽しかった」と劇場の外に出られること、そしてふわふわした柔らかい気持ちと、春の陽気と風に包まれて次の春へ向かうことができるのは至高であり最上であると思うんです。たった一曲数分のこの効果はハンパじゃない!LOVEが好き!大好き〜!!

 

 

ざっとまあこんな感じで、楽しかったことは伝わったでしょうか。

まだあと今年は一回観劇できる機会があるので、また気につくところがあれば追記したいと思います。だらだらと長文失礼しました。

 

2017.04.16

私、櫻井翔担を降ります

今更数年前の担降りの出来事を文字に起こそうと思ったのには、ここ最近で起きた色々な出来事と心境の変化があったからでした。

きちんと「わたし、今日で降ります!」と宣言したわけでもなく、いつの間にかぬるっと辞めていた櫻井担。

この記事を書いたのは去年の年の瀬。ずっと下書き保存していたんですが、折角のこのタイミングなので思い切って公開しちゃいたいなと思います。

 

櫻井翔くんはわたしが世界で一番好きだった人です。今はもう翔くんなんて呼べないくらい雲の上の、高い高い所にいる存在になってしまいました。

 

何年もコンサートは当たらなくて、グッズは何時間も並ぶしジャニショのコーナーもいつも混んでいてまともに見れないし。本屋には表紙の雑誌が至る所にずらりと並んでいて、テレビで見ない日は殆どない嵐というグループ。

若さゆえの衝動的なフットワークもあったと思いますが、きっと今までもこの先も、一人の人間に対してあそこまでの熱量で応援することもないだろう、それくらいの勢いで櫻井担としての毎日を過ごしていました。

きっと収入面を見たら今の方がジャニーズのアイドルたちに対して使うお金は格段に多いけど、気持ちの面ではどうなんだろうか。愛とお金は比例する、とヲタクの口から聞いたことがありますが実際はそうでもない気がします。

とにかく当時のわたしはジャニーズなんてアイドルなんて嵐だけいればいいし、何をするにも嵐が一番。嵐と櫻井翔で世界が完結するような言わば『アラシック』だったわけです。

 

でももうわたしは、嵐をアイドルとして見ることができません。できなくなりました。

 

代わり映えしないコンサートのセトリとかマンネリ化するバラエティ番組とかそんなことはどうでもよくって、わたしは、トップになりたいという夢を叶えるために、新しいものを創ろうとただ貪欲に謙虚に自分たちの信じた道を突き進む嵐が好きだったんです。ファンが導くのではなく、「俺たちに付いてこいよ」とファンの手を引いてくれる嵐。

わたしは常々、個人の活動にはいつもグループであることが大前提で、個人で得たことをグループに持ち帰りグループとして成長させるものだと思っていました。でもいつしか彼は嵐の櫻井翔ではなく、櫻井翔になってしまっていた気がしました。

 

嵐のコンサートのチケットは確かに当たりません。わたしも何回涙を飲んだかわかりません。でも、コンサートってできることが当たり前じゃない。

「(コンサートに)来るの大変でしょうけど」って、アイドルからそんな言葉聞きたくなかったです。

仕事だから彼らにとってコンサートは義務なのかもしれない、だけどこんなのだったら義務なんかにしなくていいとまで思いました。

わたしは嵐に、いつだってアイドルでいてほしかった。若いアイドルが言うような臭いセリフなんて言わなくていい。仲良しこよしゴコイチでいてほしいとも言わない。

ただ、お茶の間のための芸能人にはならないでアイドルでいてほしかった。嵐の櫻井翔ですって自己紹介をしてほしかった。世間のための嵐ではなく、ファンのため、ヲタクのための嵐でいてほしかった。

嵐はいつだってわたしの夢の象徴だった。でもその願望が叶わないのならもう、わたしはアラシックでもなく櫻井翔担当でもない。 エゴの押し付けであることは重々承知の上です。

でも決して5人のせいじゃなく、わたしの気持ちと価値観が変わった時と、嵐を取り巻く環境が変わった時がちょうどピッタリ同じだっただけ。これはもう必然ではなく偶然。全く同じ言葉でも100人いれば100通りの受け取り方ができる。そのように、わたしはこういう風な受け取り方しかできなかっただけです。

  

そんな時に、貪欲に謙虚に自分たちの信じた道を突き進む若い子たちのパワーに惹かれました。

彼らを守ってあげられるのは、ファン以外いない。先輩たちが築き上げてきたレールに沿いつつも、いつかそのレールが途切れてしまうのならその先は自分たちで作るしかない。

彼らの楽しそうな姿、真摯に仕事に向き合う姿、仲間を思いやる姿はわたしの最大の原動力です。その姿を守るのは、他でもないわたしたちで、彼らが止まってしまったらわたしも止まるしかなくなってしまう。だって彼らの夢はわたしの夢とすら思わせてくれました。かつての嵐に抱いていた感情と全く同じです。

 

でもそのJr.たちに出会ったキッカケはやっぱり嵐がいたからだし、嵐がいるおかげで仕事が舞い込んでくるJr.の子もいるわけです。

そうしたら、やっぱり嵐ってすごかったなあって思うし、嵐は思い出として大切に大切にしまっておこうと思ったんです。

 

翔くんは最高すぎてあなたに似合う言葉がわたしには見つからない、それくらい大きくて立派で凄い人でした。

だからもうわたしはあなた個人に望むことは何もないし、あなたを応援する必要もないと思いました。

どうか、どうか嵐がなくなりませんように。わたしの好きだった頃の嵐を思い出させてくれる時が来ますように。翔くんが少しでもたくさんの幸せに出逢うことができますように。

 

お読み頂きありがとうございました。

小瀧望くんのことが好きすぎる話をさせて下さい

タイトルの通りです。わたしの身に一体何が起きたのか、誰か140字以内に簡潔に教えてほしいレベルで困惑しています。毎日毎日WESTの曲を繰り返し聞いては望くんのソロパート(特にホルモンの弾けるDAYS〜のところが好きです)で「ああむりやっぱかっこいいわ…」なんて照れて思春期の中学生かよみたいな反応をして楽しんでいるわけですが、とにかくただひとつ言えるのは、小瀧望くんが好きすぎるということだけです。

 

DD(大体大好き)な事務所担を自称しながら今までふわっとヲタクライフを楽しんでいたわけですが、WESTもたくさんいるGの中で一度はコンサート行ってみたいな〜!ツイン素敵!淳太くんイケメン!くらいのミーハーな感じだったんです。ていうか今もミーハーなのでこの件に関しては何とも言えないんですけど。

しかし、関西Jr.の沼に沈み込んでから当たり前ですがWESTを見る機会がめちゃくちゃ増えます。今までの比にならないくらい増えます。

言い方は悪いですが、今までWESTは眼中になかったのに、見る回数を重ねるごとにどんどん好きになっていくんです。Jr.時代のも見漁り始めたらもう大変。あゝWESTって恐ろしい…!

というかそもそも、いくら関ジュ目当てだとしてもあのジャニーズWESTを見続けて好きにならない人ってこの世に存在するの?レベルです。逆に理由を聞きたい。わたしがこうなるのは必然であって当たり前なんです。だってDD事務所担なんだから。

 

その中で小瀧望くんの存在に気付いてしまいます。

望くんが存在していることくらいとっくの前に知ってるし、それとなく人となりもわかります。だけどなぜ今のこのタイミングで、わたしは望くんに対する愛を叫ぶ記事を書いているのか自分で自分がよくわかりません。現場落ち常習犯ですが、恐らく現場落ちでもないんです。これといった理由があるわけじゃないんです。

実際WESTを見る機会が増えてここ数ヶ月はWEST現場が続いていましたけど、それでもどうして…という困惑と、もう望くんがかっこいいことに理由なんていらないんだから深く考える必要ない!という根っからのDD気質からくる高揚の狭間で揺れ動いている今日この頃であります。

 

望くんの好きなところを挙げろと言われても具体的には答えられません。もちろんお顔は好きだし長身でスタイルいいのもめちゃくちゃ好きです。ピアスとかたまらんです。でもそれよりわたしは「小瀧望という素晴らしい人間がこの世界に存在しているという事実」が何よりも好きなんです。みんなのアイドル望くん。みんな大好き望くん。そんな望くんがこの世に存在しているだけでわたしはこの上ない幸せ野郎です。

ぶっちゃけアイドルという職業の目線で言えば望くんより好きな人はいるけれど、全人類の中では望くんが一番好き。決して望くんの仕事に対する意識が嫌なのではなく、わたしの理想とするアイドル像と一致する子が他にいるという話です。望くんはリアコでリアコで仕方ないんです。ああもう自分でも何が言いたいのかわかりません。

 

わたしの頭の中では、小瀧望という人物はもう既に完結していて、それ以上も以下もわたしの中にはないんです。だから望くん本人を見たりテキストを読んだり、望くんに関するエピソードを聞いたりすると完成されている状態でどんどん上書き保存されていくので最近流行りの「すきつの!すきあふ!」状態な訳です。

 

でもわたしは、関西では担当を作らないと決めていて(贔屓にしてる子はいます。それが担当じゃないの?という質問は受け付けません!(笑)気持ちの問題です)、本当にふらふらとゆるゆるとヲタクをしていたんですが、望くんに関してはDDとか事務所担とかいう概念に当てはめてはいけないとすら思ってしまいます。つまり今までの自分の考えを真っ向から否定しているということです。

きっと望くんのことだけを好きな人からしたら、わたしのようなヲタクは見ていて良い気分にならないこともわかっています。むしろ目障りで不快な気分になる人もいることもわかっています。そういうことも踏まえて、わたしなりに出した答えが担当を作らないことなんですが、それにも含まれない望くん。

 

もう、何をどうするとか理屈を考えるのではなく、ああかっこいい、ひたすらかっこいい。存在がかっこいいから骨の髄までかっこいい。小瀧望万歳!って、ずっとこうやって望くんがかっこいいって言っていたいです。

 

ただただ望くんが好きということだけで書いた見切り発車的な記事でした。募りに募っていた思いが爆発できて満足しております…。お目汚し大変失礼いたしました。

 

2017.2.11

内容のない手紙を送ろう

拝啓

夏空が眩しい季節となりました。暑い日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
 
この度はお誕生日おめでとうございます。
昨年一年間は、貴方にとってどのような一年でしたでしょうか。
 
『愛してくれる人にはありったけの優しさを』。そして、『嫌いになって、好きになって、それがずっと続けばいい』。
この二つの言葉を、私は忘れることができませんでした。
 
私は貴方のことを骨の髄まで温かく、馬鹿がつくほど、といったら語弊があるのかもしれませんがそれくらい真面目な人だと思っています。
自分に厳しく他人にも厳しい。すごく素直なのに全然素直でなくて、それでも愛がある。
それは貴方が今まで放ってきた数々の言葉たちが物語っていることでしょう。
貴方の言葉の選び方は的確で、真っ直ぐで。
貴方の口から言葉として出る感情は、誰に対してもいつも人を想う心に溢れていました。
 
『人を想う力の強さ、心があるもの、真心の込められたものは確かに人に伝わっていくのだと思いました』
貴方が誰かを想い、ファンを想い造ったものを、私自身も目一杯受け止め、貴方の真心を感じることができたらと思います。
 
末筆ながら、益々のご多幸とご活躍をお祈り申しあげます。
 
敬具
 
 
 
なんてお手紙のような文章で始めてみましたが。
こんな畏まったお手紙早々書かないのでちょっぴりドキドキしています(笑)。
改めてお誕生日おめでとうございます。よっ!37歳!全然年相応に見えないです。さすが奇跡のおじさん!
 
この記事を書くにあたり、36歳の三宅さんが書いた1年分のにこ健とうちにあるだけの1年分の雑誌のテキストをすべて読み返しました。
『』の言葉は、全てにこ健で三宅さんが書かれた言葉たち。
 
例えばコンサートでファンに向けて言う言葉。舞台上で後輩に吐いた言葉。メンバーにかける言葉。全部対象も状況も違いますが、全部真っ直ぐな言葉。
そんなあなたが紡ぐ言葉たちがわたしはたまらなく好きで、毎週日曜日がいつも待ち遠しくて仕方がありませんでした。
 
わたしが知ってる三宅健よりも知らない三宅健のことの方がはるかに多いからこそ、あなた考えていること、感じていることを言葉として目に見えるものにできる。わたしの大好きな三宅さんがたくさん詰まっている。
  
『みんなにとって僕とは?』
わたしにとってあなたは"夢"です。夢の象徴的存在です。
人が人として生きていく上でなくしてはならない夢。まるで雲の中のような、ふわふわした形のない夢。
 
今日はあなたに生まれてきてくれたこと、ジャニーズ事務所に入所して、今までアイドルとしてV6としてやってきてくれたことに心の底から感謝をしたいと思います。大好きです。
 
2016年7月2日

完全妄想コンサートその①

※完全妄想です悪しからず!※

出演者:Prince(岸優太、岩橋玄樹、神宮寺優太)

オープニング〜1曲目
♪グッディ/V6
垂れ幕大好き芸人なのでコンサートでも幕欲しい。(余談ですが、NEWSのQUARTETTOの劇場風の赤い幕たまらなかった…!)
イントロの\テーンテーンテーン/(伝わらない)に合わせて順番に3人のシルエットが映り、最後のテーンで全員のシルエット、そして幕が一気に下りる!振りは一緒に踊りたいから本家のやつがいいなあ。メインステでフルで歌って踊ってオープニングはおしまい。

2曲目 ♪Precious Song/Coming Century
歌い始めの岡田パートは岸くん。
最初はメインステで踊り、1番サビ終わりでスキップしながら(※ここ重要)センステに移動。
「落ち込んだ〜」の剛くんパートは絶対岩橋くん誰が何を言おうと岩橋くんで…!
そのままセンステで踊って2曲目おしまい!

3曲目 ♪完全マイウェイ/Sexy Zone
ここから3人バラバラ外周花道へ。

4曲目 ♪Hey you!/Sexy Zone
最初からこんなに飛ばしていいの?!という曲順ですが…この曲も外周花道。最後センステに集まってラストサビだけ踊って一旦岸岩橋はける。

神宮寺ソロ曲。センステで踊らずにスタンドマイク使って歌う。絶対絶対かっこいいから!!わたしが保証する!!

6曲目 ♪Wonder World/V6
最初は岩橋岸だけ。バクステから登場。
2番の「ふと振り向けば〜」のパートで岩橋くんが振り向くとセンステに神宮寺( ;  ; )
2人は花道歩いてセンステの神宮寺と合流。
\お疲れ様でした〜!/とかガヤも同じようにぷりで録って流してほしい。
そのまま3人で歌いきって6曲目おしまい!

7曲目 ♪素晴らしき世界/嵐
Wonder Worldからの素晴らしき世界ってやばくない?やばいよね?(語彙力)
今すごい久しぶりに聞いて泣きそうになってるから絶対歌ってほしい(完全に私情)

8曲目 ♪ジャスミン/V6
花道に移動してリフターで上がる。
スタンドに向かって手を振りつつ、しっとりしっかり歌い上げる3人。ああ絶対かっこいい…

9曲目 ♪ロマンチックタイム/少年隊
岸くんソロ曲。黒い杖つきながらぴょこぴょこステップ踏むようにしてバクステ移動。

10曲目 ♪大人Guys/V6
メインステから大きいカート持った神宮寺とそのカートに乗る岩橋くんの登場〜!
歌いながらぐるっと外周1周して「ぶちかませ〜」で岸くんも登場!2人仲良くカートを押す♡絶対可愛い♡

11曲目 ♪君がいるから/嵐
岸くんバクステ、神宮寺上手横花、岩橋くん下手横花で踊る。最後上からハートがひらひらたくさん降ってくる演出付き!

長くなったので一回きりまーす(≧∇≦)←

滝沢歌舞伎2016

忘れもしない、2016年1月19日。
まさかあの三宅健が、ジャニー喜多川企画・構成・総合演出の舞台に出るなんて。

元々ヒロムのつくるトンチキで意味わかんなくてただ隅から隅まで空間全部がキラキラしてる世界に惚れ込んでいたので本当に嬉しかったです。だってそんな世界とは無縁だと思っていたから。彼だってジャニーズなのに。

長いこと後輩たちとの交流がなかったグループなので余計に三宅健の後ろで踊るSnow Manを見て嬉しくなったり、三宅健の口から佐久間や林くんや長妻くんや、Jr.たちの名前が出てくるなんて。ジャニーズがジャニーズとジャニーズをしているだけなのになんでこんなにも新鮮なんだろう。
 
色んな出来事がありました。
たった1ヶ月とちょっとという短い間なのに。幕が開けてからまだ3日しか経っていなかったのに。
林翔太の首を切る(林くんごめんね!)三宅健セグウェイを颯爽と乗りこなす三宅健も本当にかっこよかった。怪我のことなんて微塵も感じさせないようなダンスや立ち回りを見せる姿には自然と涙が溢れました。
周りで懸命にサポートする座長やJr.やダンサーの皆さんも本当にかっこよかったし、この一件がなかったら見れていなかったかもしれないものも見ることができた。
残念で、わたし自身も悔しくて仕方がなかった。本人はもっと悔しいだろうに。けれどそんな悔しさを超えるくらい、心は清々しい晴天のようになれたのは確かです。

もうね、三宅さんが世界で一番かっこいいし座長担もJr.担ももっとみんな三宅さんのかっこよさに気付けば良いんだ!うちの奇跡のおじさんはこんなにもかっこいいんだぞ!(大声)

日に日に終わってほしくない思いが強まっていくし、どんどん寂しさが募っていく。なんで滝沢歌舞伎2016は今年だけなんだろう。もう二度とこのキャストで見れることはないんだろうか。
舞台が終わってもさっくんたちと交流を続けてほしいしあまり縁のなかったグループだからこそ、後輩たちにはV6の背中を見て学べることもたくさんあると思う。

まだ千穐楽まで2週間くらいあるのになぜこんなにもエモい気分なのか自分でもよくわかりませんがとにかく滝沢歌舞伎2016が大好きだー( ;  ; )タッキー三宅さんにオファーしてくれて本当にありがとうございます、このご恩一生忘れませんー( ;  ; )!

忘れない、忘れたくない、忘れられない

自担と並行して応援していたとあるJr.の子が退所したそうです。
わたしがその子のうちわを持って現場に入ったことを知っている人は親しい友人だけで、その子のことをTwitterで話したこともありません。
かつては少クラで名前の字幕が載っていた彼も、ここ数ヶ月は出演すらありませんでした。
彼の存在を知ってはいるものの、今何をしているのかまで知らないという人もいるのではと思います。
わたしがその子を応援している事を大っぴらにしなかったのに特に理由はありません。伝える理由もなかったし、隠す理由もない。ただ彼が楽しそうに踊っている姿を見ているだけで十分でした。
彼が辞めるかもしれないという噂が立った時、何故かわたしは国語のプリントのフリースペースに彼の名前と共に応援している子が辞めるかもしれない、といった主旨のコメントを書きました。今思えばどうして国語のプリントにそんなことを書いたのかわかりませんが、先生からのコメント返しが「その子が辞めたらどうするの?」と一言。
彼は事務所を辞めてしまったけれど、わたしはずーっとジャニヲタやってるしジャニヲタを辞めるつもりもない。辞めたからと言って、どうするつもりもない。これは彼にとって失礼にあたるのかな、とか、自分のことだし自分が楽しければそれでいいのでは、とか色々なことを考えました。
それでも彼のことを忘れられないし、忘れたくない。忘れないことが彼がジャニーズでいた証だと思いました。誌面にも画面にも残らない、たった一つの証。
どんなヒーローだって魔法少女だっていつかは元の姿に戻るんだから!彼だって普通の男の子に戻らなくちゃいけないんだ。でもそのヒーローたちに助けられた子供たちはずっとヒーローのことを忘れないでしょう。

彼がいなかったら見ることのなかった景色を、わたしはずっと忘れないで大切にしまっておきたい。


2016.03.11