一生で最後の恋

事務所担の戯言

お前と共に笑いたいんだ

末澤誠也くん

24歳のお誕生日おめでとうございます。

 

去年のこの日、わたしは本人に届くか分からないバースデーカードを握り締めて松竹座に行きました。彼の出ていない少年たちを観劇しました。隣の席のお姉さんは恐らく末澤くんの担当だったのでしょう、「末澤誠也くん」とシートを入れた白色のキンブレを振っていたのを覚えています。

(お手紙の件ですが、まだあの時は「出演者以外の手紙の投函はご遠慮下さい」という貼り紙がなく、わたしとしても誕生日なのを理由に軽率なことをしてしまったと後悔しています。)

 

ジャムツアーバック、ドッグファイト、WESTivalツアーバックを経て滝沢歌舞伎。毎月毎月末澤くんの姿をこの目で見ることができて本当に楽しかったです。

アウェーとも言える状況でもしっかりと場を盛り上げ、関ジュの一員として周囲を引っ張っていく意識の高さ、再演という高いハードルを乗り越え、普段とは違う環境でもう一度役を演じきった心意気、気心知れた仲間や先輩たちと一緒にとことん楽しむ無邪気さ。

努力と実力で掴み取った出演、大好きな自担同士の地元劇場での公演はもう二度とないと思いますし、本気で一生忘れない瞬間です。

一瞬一瞬がわたしの宝物でした。

どこにいても一心不乱に踊り、輝きを纏う姿が大好きです。仲間を大切にし、目標に向かって進み続ける力の強さをいつも尊敬しています。

 

きっとこの1年、悔しい思いを数えきれない程していると思います。担当を名乗っているのにこればっかりは本当にどうしようもなくて、不甲斐ない気持ちでいっぱいです。

でも、末澤くんにはとことん期待しています。"期待を裏切られた"なんて人はよく言いますが、裏切られることなんて絶対にないと信じているから。末澤くんの持つパワーの大きさをよく分かっているから、彼なら絶対大丈夫だと、わたしは胸を張って言い切ることができるんです。

わたしの世界を、確実に着実に広げてくれるのは末澤くんの存在があるからです。

 

24歳の末澤誠也くんが、もっともっともっともっと沢山の人に見てもらえるような活躍ができますように。これまでにないと言える程、充実した1年になりますように。彼にとって、幸せだと思える瞬間が多くありますように。

そして、個人的な願望になってしまいますが、これまで以上に末澤くんの活動を見守ることができたらとっても嬉しいです。

末澤誠也くんの担当として、心から祈っています。

 

お誕生日おめでとう!

生まれてきてくれてありがとう。

 

2018年8月24日

小瀧望くんのことが好きすぎる話

タイトルの通りです。わたしの身に一体何が起きたのか、誰か140字以内に簡潔に教えてほしいレベルで困惑しています。毎日毎日WESTの曲を繰り返し聞いて「ああむりやっぱかっこいいわ…」なんて照れて思春期の中学生かよみたいな反応をして楽しんでいるわけですが、とにかくただひとつ言えるのは、小瀧望くんが好きすぎるということだけです。

 

DD(大体大好き)な事務所担を自称しながら今までふわっとヲタクライフを楽しんでいたわけですが、WESTもたくさんいるGの中で一度はコンサート行ってみたいな〜!ツイン素敵!淳太くんイケメン!くらいのミーハーな感じだったんです。ていうか今もミーハーなのでこの件に関しては何とも言えないんですけど。

しかし、関西Jr.の沼に沈み込んでから当たり前ですがWESTを見る機会がめちゃくちゃ増えます。今までの比にならないくらい増えます。

言い方は悪いですが、今までWESTは眼中になかったのに、見る回数を重ねるごとにどんどん好きになっていくんです。Jr.時代のも見漁り始めたらもう大変。あゝWESTって恐ろしい…!

というかそもそも、いくら関ジュ目当てだとしてもあのジャニーズWESTを見続けて好きにならない人ってこの世に存在するの?レベルです。逆に理由を聞きたい。わたしがこうなるのは必然であって当たり前なんです。だってDD事務所担なんだから。

 

その中で小瀧望くんの存在に気付いてしまいます。

望くんが存在していることくらいとっくの前に知ってるし、それとなく人となりもわかります。だけどなぜ今のこのタイミングで、わたしは望くんに対する愛を叫ぶ記事を書いているのか自分で自分がよくわかりません。現場落ち常習犯ですが、恐らく現場落ちでもないんです。これといった理由があるわけじゃないんです。

実際WESTを見る機会が増えてここ数ヶ月はWEST現場が続いていましたけど、それでもどうして…という困惑と、もう望くんがかっこいいことに理由なんていらないんだから深く考える必要ない!という根っからのDD気質からくる高揚の狭間で揺れ動いている今日この頃であります。

 

望くんの好きなところを挙げろと言われても具体的には答えられません。もちろんお顔は好きだし長身でスタイルいいのもめちゃくちゃ好きです。ピアスとかたまらんです。でもそれよりわたしは「小瀧望という素晴らしい人間がこの世界に存在しているという事実」が何よりも好きなんです。みんなのアイドル望くん。みんな大好き望くん。そんな望くんがこの世に存在しているだけでわたしはこの上ない幸せ野郎です。

ぶっちゃけアイドルという職業の目線で言えば望くんより好きな人はいるけれど、全人類の中では望くんが一番好き。決して望くんの仕事に対する意識が嫌なのではなく、わたしの理想とするアイドル像と一致する子が他にいるという話です。望くんはリアコでリアコで仕方ないんです。ああもう自分でも何が言いたいのかわかりません。

 

わたしの頭の中では、小瀧望という人物はもう既に完結していて、それ以上も以下もわたしの中にはないんです。だから望くん本人を見たりテキストを読んだり、望くんに関するエピソードを聞いたりすると完成されている状態でどんどん上書き保存されていくので最近流行りの「すきつの!すきあふ!」状態な訳です。

 

でもわたしは、関西では担当を作らないと決めていて(贔屓にしてる子はいます。それが担当じゃないの?という質問は受け付けません!(笑)気持ちの問題です)、本当にふらふらとゆるゆるとヲタクをしていたんですが、望くんに関してはDDとか事務所担とかいう概念に当てはめてはいけないとすら思ってしまいます。つまり今までの自分の考えを真っ向から否定しているということです。

きっと望くんのことだけを好きな人からしたら、わたしのようなヲタクは見ていて良い気分にならないこともわかっています。むしろ目障りで不快な気分になる人もいることもわかっています。そういうことも踏まえて、わたしなりに出した答えが担当を作らないことなんですが、それにも含まれない望くん。

 

もう、何をどうするとか理屈を考えるのではなく、ああかっこいい、ひたすらかっこいい。存在がかっこいいから骨の髄までかっこいい。小瀧望万歳!って、ずっとこうやって望くんがかっこいいって言っていたいです。

 

ただただ望くんが好きということだけで書いた見切り発車的な記事でした。募りに募っていた思いが爆発できて満足しております…。お目汚し大変失礼いたしました。

 

2017.2.11

内容のない手紙を送ろう

拝啓

夏空が眩しい季節となりました。暑い日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
 
この度はお誕生日おめでとうございます。
昨年一年間は、貴方にとってどのような一年でしたでしょうか。
 
『愛してくれる人にはありったけの優しさを』。そして、『嫌いになって、好きになって、それがずっと続けばいい』。
この二つの言葉を、私は忘れることができませんでした。
 
私は貴方のことを骨の髄まで温かく、馬鹿がつくほど、といったら語弊があるのかもしれませんがそれくらい真面目な人だと思っています。
自分に厳しく他人にも厳しい。すごく素直なのに全然素直でなくて、それでも愛がある。
それは貴方が今まで放ってきた数々の言葉たちが物語っていることでしょう。
貴方の言葉の選び方は的確で、真っ直ぐで。
貴方の口から言葉として出る感情は、誰に対してもいつも人を想う心に溢れていました。
 
『人を想う力の強さ、心があるもの、真心の込められたものは確かに人に伝わっていくのだと思いました』
貴方が誰かを想い、ファンを想い造ったものを、私自身も目一杯受け止め、貴方の真心を感じることができたらと思います。
 
末筆ながら、益々のご多幸とご活躍をお祈り申しあげます。
 
敬具
 
 
 
なんてお手紙のような文章で始めてみましたが。
こんな畏まったお手紙早々書かないのでちょっぴりドキドキしています(笑)。
改めてお誕生日おめでとうございます。よっ!37歳!全然年相応に見えないです。さすが奇跡のおじさん!
 
この記事を書くにあたり、36歳の三宅さんが書いた1年分のにこ健とうちにあるだけの1年分の雑誌のテキストをすべて読み返しました。
『』の言葉は、全てにこ健で三宅さんが書かれた言葉たち。
 
例えばコンサートでファンに向けて言う言葉。舞台上で後輩に吐いた言葉。メンバーにかける言葉。全部対象も状況も違いますが、全部真っ直ぐな言葉。
そんなあなたが紡ぐ言葉たちがわたしはたまらなく好きで、毎週日曜日がいつも待ち遠しくて仕方がありませんでした。
 
わたしが知ってる三宅健よりも知らない三宅健のことの方がはるかに多いからこそ、あなた考えていること、感じていることを言葉として目に見えるものにできる。わたしの大好きな三宅さんがたくさん詰まっている。
  
『みんなにとって僕とは?』
わたしにとってあなたは"夢"です。夢の象徴的存在です。
人が人として生きていく上でなくしてはならない夢。まるで雲の中のような、ふわふわした形のない夢。
 
今日はあなたに生まれてきてくれたこと、ジャニーズ事務所に入所して、今までアイドルとしてV6としてやってきてくれたことに心の底から感謝をしたいと思います。大好きです。
 
2016年7月2日